生え際に注射をしてもらっている男性 イラスト

aga治療は自費診療

aga治療を受けると治療法によっては高額な費用が掛かり、経済的な負担が大きいのが難点です。病気の治療であれば保険で診て貰えますのでかなり負担が軽くなります。

しかしaga男性型脱毛症は自然治癒することは殆ど無いものの病気ではないと考えられています。そのため自費診療となっており高額な費用が掛かっても全額自己負担となります。

コマーシャル→銀座HSクリニック/公式 AGA治療・薄毛治療のクリニック http://hsclinic.jp/

医療費控除で一部戻ってくる

高額な費用が掛かっても医療費控除の対象となっていれば確定申告することで納めた税金から一部戻ってきます。お1人だけではなく家族全員の医療費が年間10万円を超えれば医療費控除が受けられます。

インプラントは医療費控除の対象だが

歯科医院のインプラントでも自費診療となり高額な費用は自己負担です。しかしインプラントの場合は医療費控除の対象となっています。

控除が受けられた分だけ負担が軽くなりますが、aga治療の場合は原則医療費控除は受けられないです。それは容姿を美化するまたは容貌を変えると言った目的を持つaga治療は医療費に該当しないと判断されているからです。

同じように美容整形でも容姿を美化する、容姿を変えると言った目的がありますので自費診療かつ医療費控除の対象外となっています。

インプラントの場合は人工歯根をあごの骨に埋め込んでおり、治療目的であると判断されるために医療費控除の対象となります。

治療目的であれば医療費控除が受けられる

ただし何らかの病気が原因でaga治療を受けることが必要になったと言う場合は医療費控除が受けられる可能性があります。つまりagaでも治療目的であれば医療費控除は受けられることになります。

しかしaga治療薬のプロペシアを個人輸入した場合は医師の処方を受けていないので治療目的であっても医療費控除は受けられないです。

税務署で相談してみる

治療目的であるか美容目的であるかは税務署によって判断がまちまちです。aga治療が必ず医療費控除が受けられないと言うわけではありませんので、治療目的と認めて貰えるかどうか最寄の税務署で聞いてみると良いです。

医療費控除を受けるには領収書が必要となりますので捨てずに必ずどこかに保管しておいて下さい。

aga治療は原則医療費控除は受けられない